ゲレンデ情報

Mauritius(モーリシャス)
エリア 海外
Mauritiusのイメージ画像

ゲレンデの基本情報

アフリカ大陸の南東に位置するマダガスカル島の、更に東側にある島。島の西南端部Le Morne の更に最西南端がウインドのゲレンデ。クラブミストラルがあるので、レンタル機材は整っている。併設のインディアンリゾートに泊まればレンタカー不要。道具を持っていった場合は、部屋の前でセッティングして出ることもできる。
シーズン ほぼ通年。ただし夏(日本の冬)は若干風の確率が落ちるので、4~11月くらいが良い。
ウェット スプリング~シーガル。
コンディション ・Main:ポートサイドの風で、メインゲレンデはカナハの逆版と言った感じ。ビッグスウェルが入った際はインサイドのラグーン部分でも波が立つことがあるが、基本はフリスタ系のゲレンデ。沖合い数百mのリーフでは手ごろなサイズの波が立ち、ウェイブの練習に適している。
・Manawa:メインゲレンデの沖合い2kmほどにあるリーフブレイクのポイント。カナハとホキーパの中間くらいの波質(パワー)で、上質のレフトブレイクが楽しめる。クラブミストラル利用の場合、トランシーバ保有の上、バディーを組んでのみエントリー可。エキスパートオンリー。
・One Eye:メインゲレンデの風下側のリーフブレイク。波は超速で、リーフは非常にシャローなので、プロレベルでも良く道具を壊すほどのスペシャルポイント。一般人は行かない方が良い。