ゲレンデ情報

台東(タイトン)
エリア 海外
台東のイメージ画像

ゲレンデの基本情報

台湾の南東部に位置する町。台東にはショップがないので、道具は日本から持っていくか、SPOTで借りなくてはならない。いずれにしても、台東への往復やゲレンデガイドなどSPOTのアテンドが必須。
シーズン 10~3月
ウェット タッパー/スプリング/シーガル
コンディション ◎風:北東風がウインドに適していて、左からのサイド~サイドオン。
移動性の高気圧のヘリに来たときが吹く可能性が高いが、トレードウインドやモンスーンのように常時吹く季節風ではないので、風のサイクルはそれらに比べると短め。
◎波:まだサーファーもそれほど多くなく、ゲレンデもあちこちにあるのでレベルに合わせたコンディション選択が可能だが、頭以下のサイズで乗りやすそうに見えても実はハードだった、ということも多々あるので、やや慎重にゲレンデの選択をした方が良いだろう。
ウェイブゲレンデは(未開拓なこともあって、現時点では)2~3か所に限定される。
◎メインゲレンデ:時にロゴ~マストの上質な波が入り、逆サイドのカナハのような感じになることもある。
以前は浜は玉石で埋め尽くされ、海もポイントのインサイドには岩がゴツゴツして危険な匂いがプンプンしていたのだが、今は砂がどっさりとかぶってサンドビーチになり、手前の岩もかなり隠れているので安心感がUP!
波にそれほど突っ込まないのであれば、そこそこ乗れる人なら楽しめる感じだ。
◎ビーチブレイク:ココでは乗る機会がなかったが、見た限りでは安心なビーチブレイクなのでウェイブ中級者がそこそこ楽しめそうな感じではあった。
◎シークレット:ココはタイミングが合わず行けなかったので聞いた話だけだが、我々が行くちょっと前は、こちらの方が波が整っていて相当良い感じだったそうだ。